銀行でお金を借りる時のノウハウ

銀行は、信用を重視する金融機関です。最近ではインターネットで相手の顔を見ないで取引をすることも増えているので、相手の信用なんて計りようがないと考える人もいるかもしれません。しかし、過去のデータなどから、お金を貸してもきちんと返済してくれる可能性の高い人は、書面上の情報だけでもある程度はわかります。

お金を借りるときに重要なのは、年収などの返済能力です。お金を借りた人は、自分が働いて得た給料などから借金を返済していくことになりますので、どのくらいの給料をもらっているのかはとても重要です。正社員として働いていても、勤続年数が短い人はすぐに辞めてしまう可能性もあるので、勤続年数がある程度長いことも重要になります。

年収はとても重要ですが、ほとんどの人はお金を借りるときには無理のない金額を借りようとします。例えば、年収が300万円の人が、200万円の借金をしようなどとは普通は考えません。負担が大きすぎる借金は返せない可能性がありますし、返せたとしても苦しい生活が続くことになるからです。

無理のないお金を借りるときに重要なのは、信用情報です。過去にクレジットカードやローンなどの返済で延滞をしていなかったかということが重要になります。延滞をしている人は信用が下がりますし、逆に良好な利用をしている人は信用が上がります。また、銀行の場合には給与の振込み口座にしているとか、定期預金を積み立てているとか、住宅ローンを借りているなど、その銀行で取引をしている場合にも信用が上がっています。