消費者金融での事業資金の借り入れはどうか?

消費者金融業者で事業資金を借り入れることはもちろん可能です。その理由は、無目的ローンであるため、特に使途を設けられていないからです。つまり、借り入れたお金を生活費に使おうと事業資金に使おうと問題はないのです。ただし、消費者金融は貸金業に該当するため、総量規制を受けます。これは、年収の3分の1までの融資しか受けられないという規制です。そのため、年収が低いと、事業資金として十分なお金を借り入れできるかどうかはわかりません。一般的に消費者金融は個人向けの小口融資を目的としているため、多額のお金を融資してもらえるかどうかも微妙なところです。
また、金利の面でも消費者金融は不利です。銀行からの借り入れに比べると高い利息を取られてしまいます。その分審査が緩いという特長があるため、どうしてもすぐに事業用資金を借りたいというのであればその分の対価と考えることもできますが、長期的な目線に立つのであれば、金利が低い銀行等から融資を受けた方が負担は軽くなります。したがって、どれを利用するかはよく考えて選んだほうが良いです。
以上のように、消費者金融での事業資金の銀行借入は、あまり適しているとは言えないという答えになります。ただ、事業用資金といっても、個人的な小規模な活動のために用意するのであれば、金利の負担をあまり考える必要がありませんし、すぐに借りることができるというメリットを享受できるため、選択肢としては有りです。